腱鞘炎は完治が難しい

腱鞘炎は、腱と腱鞘の間に起きた炎症のことです。主に手や手首、腕などに起こります。

一般的な原因としては、やはり酷使のしすぎです。日常的に家事を頑張っている主婦の方、料理人の方、演奏家や作家、1日中赤ちゃんを抱っこしているお母さんや、中にはゲーマーなどに多いようです。

スポンサーリンク

治療方法

実は「何もしないで安静にすること」が腱鞘炎に効果的な治療方法です。

しかし、これは無理な話ですよね。主婦の方であれば家事を一切しない、作家さんは仕事をしない、赤ちゃんを抱っこしない、なんて無理ですよね。

それ以外には、薬で炎症を抑えることと、手術をして炎症で傷ついた組織を撤去することが一般的な治療方法です。

腱鞘炎は「何もしないこと」が一番の治療方法ですので、完治はとても難しいのです。ですから、腱鞘炎で辛い思いをされている方が考えることは「炎症を抑える・和らげる」ことなのです。

 

 

簡単に炎症を抑える方法は?

手術は最終手段だし、薬はもう飲んでいるという方、もちろんそれ以外にも腱鞘炎に悩んでいる方におすすめの炎症を抑える簡単な方法をご紹介します。

 

基礎代謝を上げる

血行を良くすることは腱鞘炎に良いことです。ストレッチや、筋トレ(無理のない範囲)での運動は代謝を上げますので、炎症がひどくないときに行ってみましょう。

 

固定する

現在では、薬局にもたくさんのテーピングが販売されています。

伸縮性・非伸縮性のテーピングもありますので、しっかりテーピングをしても動かしやすいものもありますので、指や腕などを固定してみるのも良いでしょう。

 

暖めたり冷やしたりする

ます、冷やすのは「痛い」や「火照った」と感じたときです。氷やアイスノンで冷やしましょう。冷やす場合は、20分程度が目安です。

暖めるのは酷使した後や腱を使う前が良いでしょう。腱と筋肉を一緒に温めるとより効果的です。

 

整骨院や鍼灸院などももちろん効果的なのですが、やはり一時的な緩和でしかありません。腱鞘炎は肩こりと同じようなもので、完治は「長期的な休息」だと割り切り、完治の方法を探すよりも自分に合う炎症を抑える方法を見つけていくことが賢明でしょう。

腱鞘炎は働き者が多い日本人には特に多い症状です。働くことが当たり前になっているように、1日の中でしっかりとした休息時間を確保することも当たり前にすることも大切なのです。

 

スポンサーリンク