近年、アトピー性皮膚炎になるかたが増えているようです。もともとアレルギー体質のかたが、ハウスダストやダニ、食べ物などのアレルゲンによってアレルギー反応をおこして体に湿疹のようなものが出たり、耐えられない痒みがでたりするようですが辛いものですね。

元々は子供たちに良くみられる症状で、思春期以降から大人になると自然になおるようなことも多いものだったのですが、大人になってもなおらないばかりか、近頃は子供のころは何もなっていなかったのに、大人なってから突然発症するようなこともあるようです。

 

 

 

アトピー性皮膚炎は、ストレスなどによっても引き起こされる可能性があるようですから、近年のストレス社会によってこのような症状が良くみられるようになったのかもしれませんね。

スポンサーリンク

気を付けないといけないタイプの肌

アトピー性皮膚炎になってしまいやすい人の肌は、乾燥気味のことが多いようです。

ドライスキン気味ですと痒みが出やすく、眠っている間などに知らず知らずのうちにかきむしってしまい血が出たり、刺激により皮膚が分厚くゴワッとした感じになってしまうようですので注意が必要です。

 

西洋医学の観点から…

西洋医学では、痒みの症状をおさえる対処療法がおこなわれます。

大変効果の強い、ステロイドなどの塗り薬や痒みを感じなくするような薬が処方されることが多いです。

ただ、効果も強い分、副作用などがでてしまうことも多いようですので注意が必要です。

 

東洋医学でみるアトピー性皮膚炎

東洋医学では、ブツブツなどがでている皮膚の表面の状態だけを診ずに、身体全体を整えるように考えます。

特に胃腸の調子が悪い人は、胃腸を整えて身体に活力を付けるようにしていくと良いでしょう。

アトピーになるのは何か原因があるはずです。原因を探すことなく、出ている症状を抑えることばかりを考えても、根本から解決はしません。

まずはどのような状況になるとアトピー性皮膚炎が悪化するのかを注意深く観察してみましょう。

ストレスがたまった結果アトピー性皮膚炎になってしまった人は、どのようにすればストレスが解消できるか、胃腸が悪い方は、どのような食べ物を食べたら消化吸収力が高まるかなどを考えてあげたいものです。

生活習慣や食生活を改善することによってましになる場合もあるようです。

 

漢方治療

では、アトピー性皮膚炎の漢方治療はどのようなものがあるのでしょうか。まずは、血行を良くして貧血を解消し、体力や気力を補うなどで調子をみることが多いようですが、これも個人差がありますので、お医者様や漢方専門の薬局などに相談するなどして適切な薬を選ぶと良いでしょう。

 

スポンサーリンク