夏は気候も暖かくなり、おでかけする機会も増えますよね?

海水浴にプール、バーベキュー。夏になると楽しい行事が目白押しです。そんな時期に気になるのが「日焼け」ですよね。日焼け止めクリームをしっかり塗って外出したのに、家に帰ったときには日焼けして肌が真っ赤に…という経験をしたことがある方も多いでしょう。

ヒリヒリして真っ赤になった肌を少しでも早く元に戻したい!こんなときはどのようにすれば良いのでしょうか?日焼け後のスキンケアの方法をお教えします。

スポンサーリンク

日焼けのケアはアフターケアの方が大事

日焼けをして真っ赤になった肌。何もせずにそのまま放っておくと、やがて皮がむけるなど肌に様々な影響を及ぼします。日焼けをした後はすぐにケアすることを心がけましょう。そうすることで赤みやヒリヒリが早く引いて、正常な状態を取り戻すことができます。

 

日焼けはヤケドと同じだと考えてください。日焼けをした後は一刻も早くケアをすることが重要です!

 

皮膚を冷やす

日焼けした後まず第一にすべきことは、肌を冷却することです。冷水のシャワーを浴びる、タオルに包んだ保冷剤を当てるなどして、肌の温度を下げるようにしましょう。ある程度肌の痛みがひき、火照った感じがなくなるまで続けることが大切です。

日焼けした後は皮膚の水分がいつもより少なくなっているので、水分をしっかり摂り身体の中から潤いを取り戻すことも忘れずに。

 

冷やした後は保湿を

肌を一通り冷やし終わったら忘れずにしなければならないのが「保湿」です。

先ほども述べたように、日焼け後は皮膚が乾燥した状態になっており、刺激に弱くなっています。普段お使いの化粧水や保湿液をいつもより多めに塗り、日焼けした肌をさらなる刺激から保護してあげましょう。乳液やクリームも同時に塗ると、保湿効果がさらに高まりますよ。

 

日焼け後の肌を再生する栄養素

スキンケアを終えた後は、食事に気を遣って肌の生まれ変わりを促進しましょう。次にあげる栄養素を積極的に摂ることで、肌の修復や再生が促され、元の肌を速く取り戻すことができますよ。

 

βカロテン

紫外線を浴びると肌の中で活性酸素という物質が発生します。この活性酸素は相当な悪者で、身体の中の細胞を傷つけてシミ・シワのほか、がんや糖尿病など重大な病気の原因にもなるんです。βカロテンは活性酸素の発生を抑制する効果がある栄養素です。

 

含まれている食材:人参・ブロッコリーなどの緑黄色野菜、すいかなど

 

ビタミンC

紫外線を浴びると、体内では活性酸素の他にもメラニンという物質が生み出されます。メラニンは過剰に発生するとシミの原因となってしまうため、できるだけ発生を抑制する必要があります。メラニンの抑制に効果的なのがビタミンCです。

 

含まれている食材:ビーマンやパセリなどの緑黄色野菜、

アセロラやレモンなどの果実など

 

ビタミンE

ビタミンEはビタミンCと一緒に摂ることで毛細血管の血流を促し、肌の修復を早める効果があります。シミの発生を防ぐこともできますよ。

 

含まれている食材:植物油、落花生、卵、ほうれん草、かぼちゃ、マヨネーズなど

 

以上を踏まえて、緑黄色野菜を茹でてマヨネーズで和えたり、油で炒める

ことで効果的に栄養素をとることができますよ!

 

スポンサーリンク