春先になると顔や首などがかゆくなったり、赤くなってしまったりといった症状が出ることがあります。

時期的に乾燥肌とも思えますが、花粉による花粉症皮膚炎かもしれません。

スポンサーリンク

花粉症皮膚炎の症状

顔や目の周り、首など衣服で隠されていない部分に炎症や肌荒れがおき、腫れることもあります。

発症する多くは女性で、目や鼻に花粉症の症状がなくても発症する場合もあります。

花粉の飛散量が多いほど、症状が重くなる傾向があり、結膜炎や眼瞼炎を伴う場合もあります。

花粉症皮膚炎の原因

皮膚のバリア機能が低下した際に、皮膚に花粉が付着することで皮膚がアレルギー反応を起こし肌荒れや炎症の症状がおこります。

もともと花粉症の方はもちろんですが、花粉症の症状がでていない方も、花粉を浴び続けると皮膚炎の症状が出る場合があります。

また、花粉症のため目の周りをこすったり鼻をかんだりを繰り返すことで皮膚に傷がつくとこも皮膚炎の原因と考えられています。

花粉症皮膚炎の対策

外出時には花粉が顔に付着しないよう、メガネやマスクなどでガードしましょう。

外出から帰ったら顔に付着した花粉を落とすために洗顔を行いましょう。洗顔の際は水かぬるま湯を使い、皮脂を落としすぎないようにしましょう。

皮膚のバリア機能を保つため保湿を十分に行いましょう。セラミドなどを含む保湿クリームを使用すると保湿とともにかゆみの症状を抑える効果が期待できます。

 

春先は花粉症の方にはつらい時期ですが花粉対策を十分に行い、乗り切っていきましょう。

 

スポンサーリンク