ZIPのMOCO‘Sキッチンで速水もこみちさんが料理していた「ローマブロッコリー」という耳慣れない野菜が話題になっていますね。

 2016/2/16 MOCO‘Sキッチン

このローマブロッコリー、日本名は「ロマネスコ」というそうです。

イタリア語ではBroccolo Romanesco(ローマのブロッコリー)というそうで、これならまさに「ローマブロッコリー」ですが。

このロマネスコについてちょっと調べてみました。

スポンサーリンク

 

特徴

もともとは16世紀にローマで作られたと言われています。

とにかく見た目のインパクトがなかなかのものですね。花蕾がサザエのように渦巻状になっています。

日本国内では福岡県や宮城県を中心に全国で生産されているそうですが、私は見たことありません。

 

栄養

名前はブロッコリーですが、分類上はカリフラワーであり、ビタミンCやカリウムが豊富に含まれています。

ビタミンCは風邪予防に効果があり、カリウムは高血圧対策によいことで知られています。

 

調理法

カリフラワーやブロッコリーと同様、ゆでるだけでもおいしくいただけるようです。

炒めたり焼いたり、加熱することで柔らかくして食べるとよいでしょう。

 

別名

速水もこみちさんはローマブロッコリーと呼んでいましたが、

「カリッコリー」「カリブロ」「やりがい君」「ドラゴンスパイラル」「サンゴ礁」

など色々な名前で出回っているようです。どのみち、私は見たことありません・・・

 

スーパーで見かけませんが・・・

10月から2月に収穫され、普通にスーパーで売っているそうなのですが、なかなか見かけないですよね。

通販など検討してもいいかもしれません。

 

 

世の中にはまだまだ知らない食べ物があるものですね・・・

 

スポンサーリンク