【タイトル】

オリーブオイルの不飽和脂肪酸とリンゴの水溶性食物繊維でコレステロール対策できるデザートピザ

 

【アレルギーがある方への注意事項】(消費者庁で表示を義務・推奨されている食品)

小麦、リンゴ

 

【料理画像】

 

【材料(一人分)】

・強力粉 40g

・酵母 1g

・上白糖 0.5g

・ぬるま湯 20㏄

・オリーブオイル 2g

・リンゴ 正味50g

・上白糖 5g

・シナモン 少々

スポンサーリンク

【調理手順】

1. ボウルにぬるま湯を入れて、砂糖、ドライイーストを加えて15分ほど置いておく。イーストがぶくぶくしてきたら、強力粉の入ったボウルに加えて、手で粉と水分をなじませる。

2.オリーブオイルを1に加えて、手で生地を一つにまとまるまで、よく捏ねる。表面がなめらかになったら、中央に包丁で十字に切れ目を入れてラップをして、倍くらいの大きさになるまで発酵させる。

3.発酵させている間に具の準備をする。リンゴは芯を除いて、薄切りにして、砂糖をまぶしておく。

4.生地の発酵が終わったら、打ち粉(分量外)をふった台で丸く伸ばして、3のリンゴを砂糖ごと並べて乗せて、シナモンを振って200~220℃の高温に余熱しておいたオーブンで15~20分焼いて完成。

 

【カロリー】

217kcal

 

【調理時間】

60分~90分(発酵する時間、焼く時間を含む)

 

【管理栄養士からのコメント】

リンゴは水溶性の食物繊維を含んでいるため、コレステロール値が気になる方にもおすすめの食材です。一般的な甘い焼き菓子にはバターなどの飽和脂肪酸を多く含む材料を使っていることも多く、コレステロール値を上げやすいものが多いです。しかし、このレシピではバターではなく、オリーブオイルを使ったピザなので、コレステロール値を下げる働きをもつ不飽和脂肪酸のオレイン酸を摂取できます。甘いものが食べたいけれどコレステロール値が気になる、というときにもリンゴのピザなら安心ですね。

 

【所感】

レシピは一人分の分量で記載していますが、二人分または四人分で作ったほうが作りやすいです。リンゴの薄切りはいちょう切りでも食べやすくてよいでしょう。

 

スポンサーリンク