ものもらいになってしまうと眼科で複数の目薬を処方されることがありますが、この目薬それぞれどんな効果があるのでしょうか?

ちなみに、ものもらいには2種類あります。

2種類の「ものもらい」を見極め正しい治療をしよう!

ものもらいに有効とされる代表的な目薬について見てみましょう。

スポンサーリンク

フルメトロン点眼液

フルメトロン点眼液は、目の炎症を抑える効果があります。

炎症を抑えることで痛みやかゆみを和らげ、症状の悪化を防ぐ目的で使用します。

フルメトロン点眼液には濃度0.1%のものと0.02%のものがありますが、症状や体質により適切な濃度のものを使用します。

副作用を起こしにくいと言われていますが、眼圧上昇、眼刺激感、結膜充血などの副作用の例もあるため注意が必要です。

フルメトロン点眼液は比較的作用が穏やかなため、子供にも処方されることが多い目薬です。

フルメトロンと同様に目の炎症を抑える目薬に、オドメール点眼液、アズラビン点眼液などがあります。

 

クラビット点眼液

クラビット点眼液は、細菌の感染を抑える抗菌作用があります。

ものもらいの原因である細菌を除く目的で使用します。

クラビット点眼液には濃度0.5%のものと1.5%のものがありますが、高濃度の1.5%がより効果的とされています。

副作用としては、眼刺激感、眼のかゆみ、じんましんなどの可能性があります。

クラビットと同様に抗菌作用を持つ目薬に、エコリシン点眼液、オゼックス点眼液などがあります。


スポンサーリンク


ものもらい用の市販の目薬についてはこちらの記事でご紹介しています。

ものもらいに効果的な市販の目薬は?眼科になかなか行けない場合

目薬は効果的ですが目というデリケートな場所に使用するものなので、医師の処方に従い正しく使用しましょう。

ちなみに、目薬の使用期限は開封後1か月というのが一般的なようです。

いつもらったかわからない古い目薬は捨てたほうが良いですね^^;

 

スポンサーリンク