コンタクトレンズが原因でものもらいができるというお話を聞いたことがありますか?

ものもらいのうち麦粒腫はまぶたに細菌が感染しておこるものですが、コンタクトレンズが原因で細菌が感染することがあるようです。

私もコンタクトレンズを愛用しているので、聞き捨てならないお話です。原因と対策をみていきましょう。

スポンサーリンク

ものもらいの原因になる細菌

黄色ブドウ球菌という食中毒の原因にもなる細菌が、コンタクトレンズに付着して繁殖することでものもらいの原因になる場合があります。

黄色ブドウ球菌は生活空間に広く存在し、手指にもついていたりします。

コンタクトレンズの付け外しの際に指から黄色ブドウ球菌がコンタクトレンズに付着するケースが多いと考えられます。

 

ソフトコンタクトレンズは特に注意

この現象はソフトコンタクトレンズに多く見られます。ソフトコンタクトレンズには水分が多く含まれているため、細菌が繁殖してしまうリスクがあります。ハードコンタクトレンズは水分を含まないため、洗浄することで細菌の繁殖のリスクは低いとされています。

 

予防策

コンタクトレンズを常に清潔な状態で使用することが重要です。

付け外しなどでコンタクトレンズを触る際は手を良く洗うこと。殺菌効果があるハンドソープなどが有効でしょう。

コンタクトレンズを外した後は、適切なケア用品にてコンタクトレンズを消毒することも重要です。

 

私もソフトコンタクトレンズを使用しているのですが、以下ケア用品にて消毒しております。

 

 

 

使いやすくて重宝しております。

 

メガネの装着感から解放されてとても快適なコンタクトレンズ、清潔に使いましょうね^^

 

スポンサーリンク