物を見ているときに、実在しないものがキラキラと見えることはありませんか?

存在していないはずなのに、視界の中に、黒いごみや糸くずのようなものが飛んでいるように見える症状を「飛蚊症(ひぶんしょう)」と言います。

スポンサーリンク

「飛蚊症」は誰にでも起きるもの?

飛蚊症は、普段の生活では気にならなくても、外の光や白い壁を見ると気になりだします。邪魔だと思って視線を動かしても、糸くずは一向に消えてくれません。

飛蚊症は、眼球の硝子体が濁ることで起きる症状です。硝子体とは、眼球の大部分を占めている無色透明のゲル状の組織です。本来はこの無色透明のはずの硝子体が、何らかの原因で濁りができます。すると、明るいところを見たときに、その濁りの影が網膜にうつることで糸くずや虫のようなものが飛んでいるように見えるのです。

飛蚊症は加齢によるものがかなり大きく、加齢に伴い硝子体がゲル状から液体状に変化していくため、しだいに収縮していきます。これは40歳代から起こることが多く、60歳代の約3割は飛蚊症だと言われています。視界に現れる糸くずは徐々に増えていき気になるかとは思いますが、加齢による飛蚊症の大半は大きな症状を引き起こすことはないので放置しておいても大丈夫です。しかし、そうではない場合があります。飛蚊症自体には問題がなくても、その陰にまた別の重大な病気が隠れている場合があるのです。

「飛蚊症」だと思って放置しちゃダメ!

重大な病気とはいったい何なのでしょう。それは、「網膜剥離(もうまくはくり)」や「網膜裂孔(もうまくれっこう)」といった網膜の病気です。硝子体がゲル状から江北上に変化して網膜からはがれていくと先述しましたが、その際に網膜が眼底から剥がれてくる病気が網膜剥離。網膜が引っ張られて周囲の組織が避けてしまうのが網膜裂孔です。飛蚊症以外にも、視野が欠けたり物がゆがんで見えたりします。最悪、失明する可能性のある病気ですので、出来るだけ早く治療を受けたほうが良い病気です。

このほかにもいくつか飛蚊症が関わってくる病気があります。飛蚊症だから大丈夫とむやみに思わず、初めて飛蚊症を自覚した時には検査を受けることをお勧めします。加齢によるもので問題ないと診断されれば安心できますし、もし何か別の病気が見つかった際にも早めに対処ができます。

自分の視界の中にいる糸くずが問題かどうかを判断する目安として、目線を動かしたときに一緒に動くか、いうものがあります。加齢に伴う飛蚊症の場合は、目を動かすと一緒に動きます。もし動かないように感じたら、なるべく早く受診するようにしましょう。

 

スポンサーリンク