世界遺産である白神山地の一角の十二湖は、大小33の湖沼群の総称です。青いインクをながしたような神秘的な青池が特に有名です。

十二湖のページ(青森県観光情報)

私は1990年代に弘前に在住していたのですが十二湖は津軽地方の中でもアクセスがかなり不便な場所だったのを記憶しています。当時私は弘前から自転車で十二湖のあたりまで行ったことがあるのですが、それはもう大変でした。今東京から十二湖へ観光に行くとしたらアクセスはどうなのでしょうか。 

スポンサーリンク

東京から十二湖への最短アクセス

飛行機を使用するのが最短となります。朝出発してその日のうちに十二湖を観光したい場合はこの方法となるでしょう。

まず東京から飛行機で秋田空港に飛びます。

東京(羽田空港)7:10発 → 秋田(秋田空港)8:15着

次に秋田空港からリムジンバスに乗ります。

秋田空港8:30発 → 秋田駅9:05着

秋田駅からJR奥羽本線に乗ります。

秋田9:45発 → 東能代10:42着

東能代駅からJR五能線に乗り換えます。

東能代10:58発 → 十二湖12:11着

 

最短ですと、お昼頃に十二湖にたどり着けますね!

ただこの方法は以下の要因からなかなか困難です。

・朝7時の飛行機に乗らなくてはいけない

羽田空港に6時くらいに行っとく必要がありますよね・・・

・飛行機の遅れや空港を出る際の手荷物受取などで手間取ると秋田からのJRに乗り遅れるリスクあり

JR乗り遅れてしまうと五能線とか接続がかなり悪いので、その日のうちに観光など不可能になります^^;

ちなみに東京から9:50の飛行機に乗ると、秋田駅以降の乗り換えの接続の悪さから十二湖到着は夕方の6時近くになります。観光するには十二湖駅から更にバス等を使う必要があるため、その日のうちに観光するのはほぼ不可能でしょう。

飛行機ということでは秋田ではなく青森空港を経由する方法もありますが、この方法だと十二湖に到着するのはやはり夕方になります。

東京から十二湖への無難なアクセス

移動に一日使い、現地で一泊してから翌日十二湖を観光するのであれば余裕のある工程が組めそうです。その場合は飛行機より新幹線を使う方が時間も読めますし乗り換えも楽なのでおすすめです。

秋田経由

まず東京から新幹線こまち13号に乗ります。

東京10:20発 → 秋田14:08着

秋田からリゾートしらかみ5号に乗り換えます。このリゾートしらかみは全席指定なので事前に指定席券を購入しておく必要があります。車内では買えないので注意です。

秋田14:17発 → 十二湖16:09着

余裕を持って十二湖に到着です。新幹線を使用するルートではこちらが早いですね。

青森経由

まず東京から新幹線はやぶさ13号に乗ります。秋田経由はこまち13号でしたが、東京から盛岡までははやぶさ・こまち13号は連結された状態で走ります。盛岡駅で切り離されて別々の道を行くわけですが、この切り離しシーンが鉄道ファンに人気のようですね。

東京10:20発 → 新青森13:29着

私が青森県在住の時代、東北新幹線は盛岡止まりでしたし新青森なんて駅は存在しませんでした・・・時代を感じます。それはさておき、新青森からリゾートしらかみ4号に乗り換えます。全席指定なので指定席は確保しておきましょう。

新青森13:58発 → 弘前14:27着

新青森から十二湖まで乗りっぱなしなんですが、新青森から弘前までは奥羽本線です。

弘前14:32発 → 十二湖17:05着

弘前から奥羽本線を新青森方向に逆戻りして川部という駅から五能線に入ります。なんだかんだ遠回りな感じもあり十二湖には秋田経由より1時間ほど遅く到着です。

秋田経由より時間はかかりますが、五能線を堪能できるこちらのコースが個人的にはおすすめです。有名なブサカワ犬「わさお」の鯵ヶ沢駅も通ります!その鯵ヶ沢からは列車は雄大な日本海の海岸沿いを走っていき、一枚岩の海岸千畳敷(昔、岩の上に千畳の畳を敷いて宴会をしたのがその名の由来だとか)や夕陽が美しい深浦をたっぷり眺めることができます。

五能線のページはこちら

 

十二湖の映像

十二湖は行くのは大変ですが、神秘的で魅力にあふれています。
映像で楽しんでみましょう。

がんばって行ってみたくなりませんか?
 

 

スポンサーリンク