ソフトコンタクトレンズには毎日の消毒、洗浄のケアが欠かせませんね。私はコンタクトレンズを使い始めてからずっとコンセプトワンステップを使用しています。

使い方は簡単で、専用のケースに消毒液と錠剤を入れてコンタクトレンズを6時間つけておくだけです。

消毒液に含まれる過酸化水素の効果でレンズを消毒するのですが、その際一緒に入れておいた中和剤と言われる錠剤により消毒後の過酸化水素を中和させています。この中和剤を入れておかないと過酸化水素のついたコンタクトレンズを目につけてしまうことになり目になかなかの激痛が走ります。実際私はうっかり中和剤を入れ忘れてしまったことがありますが、ジンジンと目に熱さを感じ恐ろしかったです…中和剤の存在は重要です。

スポンサーリンク

錠剤(中和剤)が先になくなってしまう

コンセプトワンステップは以下のように消毒液と中和剤の錠剤と洗浄用ケースのセットで構成されています。

消毒液10mlにつき錠剤1の割合となっており、写真のものは消毒液360mlで錠剤36個です。これを毎日使っていき錠剤を使い切ったら新しいものをまた用意するわけですが、いつも消毒液の方が使い切れず余ります。残りの消毒液に新しい錠剤を使用していくと…

消毒液のストックばかり増えていきます。ちょっと困りものですね^^;

錠剤を使い切った時点で残りの消毒液を捨ててしまうのがひょっとしたら正しい運用なのかもしれませんが、やはりそれはもったいない気がしてついつい消毒液のボトルキープを増やしてしまうのです。

 

錠剤(中和剤)の別売り

消毒液が余ってしまったら、錠剤だけを購入したいですよね。実際錠剤は別売りされています。ですが、ここでまたもったいない気がする状況が発生します。近所の薬局で確認したところ以下のようなお値段でした。

・消毒液と錠剤(36個)のセット: 約1,300円

・錠剤のみ(12個): 約600円

セットに入っている錠剤36個分を別売りで買うと約1,800円ということですね。

なんと!錠剤のみの方がセットより高くつくのです。これならセットを買って消毒液を捨てたほうがお安いではありませんか^^;

なんとなく不思議な価格設定ですが、これはあれですねペットボトルのジュースが500mlボトルの方が1,500mlボトルより高かったりするのと同じようなお話ですかねぇ…ちょっと違いますか^^;


スポンサーリンク

解決法?

別売りの錠剤を店頭で買うのは価格設定からなんとなく損した気分になるので、ここはお安く通販で購入するのが良いですかね。

 

 

こちらなら店頭で売られてる消毒薬とのセットと比べてもコストは大差ないし納得できそうですね!やれやれー、と思ったら…

 

 

通販ならセットは更に安かったりして…やっぱりセットで買って余った消毒液を捨てる運用がランニングコスト上はベストだったり^^;

でもまだ使えるものを捨てるのは抵抗があるのですよね…コストに残念感を感じながらも錠剤を別売りで購入するのが良いですかね^^

 

スポンサーリンク