人は悲しいことがあると涙を流し、嬉しいことがあっても涙を流します。一方で、たまねぎを切っても涙を流す、考えたら不思議な生き物ですよね。今回は涙の謎を紐解きます。 

スポンサーリンク

涙には2つの種類がある

「基礎分泌の涙」… 目の表面をうるおしている涙です。

「反射性分泌の涙」… 感情が高ぶったときに出たり、たまねぎが目にしみたりして出てくる涙のことです。

基礎分泌の涙は3層構造になっていますが反射性分泌の涙は3層構造になっていません。その理由としては、涙の目的が違うからです。

基礎分泌の涙は、涙点という小さな穴から少しずつ涙が出て目を潤す目的があります。しかし反射性分泌の涙は一気に分泌されるので涙点だけでは足りず、目からも涙が溢れ出ます。大泣きしたときなど鼻水が出ますよね?あれは、鼻涙菅からも涙があふれてしまうのです。つまり正確には大泣きしたときの鼻水は、鼻水ではなく涙なのです。

 

涙のメカニズム

前述のように、涙は3層構造に分かれています。目の奥(角膜)から、ムチン層・水層・油層、と重なっています。

ムチン層の役割は涙の土台です。涙が出て時流れるまで、涙は目の表面にぴたっと涙留まっていますよね。このムチン層に傷が付くとドライアイなどの、目がすぐにかわいてしまう症状が起きてしまいます。

つぎに水層の役割ですが、ムチン層のすぐ上にかぶさっている層です。水層は涙腺から分泌されており、適量の涙をあらかじめまぶたの裏に待機させています。

そして油層の役割ですが、水層のすぐ上にあり涙の一番表面にある層です。水層が蒸発しないように保護する役割があります。スキンケアでいう乳液の役割ですね。この油層は上下のまつ毛の際にあるマイボーム線という線から分泌されています。

アイメイクをする場合、この線の上にラインを引き、マスカラを根元から塗ると、マイボーム線に被さり油層が詰まってしまうのです。

また、まつ毛の際には目のかわきを素早く感知する働きもあります。私たちの目がかわくと自然にまばたきをするのは、まつ毛の際が正常に働いているからなのです。

正常な目というのは、3秒に1回はまばたきをするといわれています。仕事に集中したりするとまばたきが少なくなりますよね。結果まばたきが少なくなり、目がかわき、ドライアイになります。ドライアイになると10秒以上目を開けていられません。これはまつ毛の際がかわきを潤そうと必死に頑張ってくれているのです。

つまり、まばたきをすることは良いことなのです。

この機会に意識して瞬きをしてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク