そもそも「ドライアイ」とは?

目の悩みで多く取り上げられるものの一つに「ドライアイ」があります。自分はドライアイだとなんとなく思っている方も多いのではないでしょうか?最近ではあまりにもドライアイの人が多すぎて、この病気が軽んじられているのが現状です。しかし、ドライアイはれっきとした病気なのです。放置してしまうと、症状が悪化し、荒れた粘膜から別の病気を引き起こす可能性があります。

スポンサーリンク

原因は?

ドライアイは、目の乾燥によって引き起こされます。目を保護する役割を持つ涙の量の不足や、涙の成分の質自体が低下したことによって、目の潤いを維持できなくなっているのです。そのため、目が乾くだけでなく、目が疲れやすくなったり、物がかすんで見えたりといった症状が表れます。現代においては、パソコンやテレビなどの刺激の強い光や、コンタクトレンズの普及などから、ドライアイを訴える患者が増えているのです。

また、ドライアイになったときに目がごろごろするという症状が出る人もいます。目の粘膜や角膜に傷がつき、目に異物が入っているような感覚になるのです。この場合は目に傷がついているのですから、結膜炎や角膜炎を引き起こす可能性があります。

「ドライアイチェック」してみてください

自分はドライアイじゃないかとお悩みの方に、簡単なチェック方法があります。自分でチェックする方法で最も簡単なのは、「10秒間、目を開け続けられるか」というものです。ドライアイの方は、目の乾燥が著しいため、10秒間目を開け続けることが困難だと言われています。

この間に、目の痛みを感じたり、瞬きせずにいられなかったりしたら要注意です。ぜひ一度、眼科に行くことをお勧めします。軽い症状の場合は、眼科で点眼薬を処方してもらうことで、目の潤いを維持できるようになります。

また、実生活の中でも、悪化させないように気を付けることが大切です。例えば、エアコンの空調。ただでさえエアコンは部屋の空気を乾燥させてしまいます。そこでさらに目に直接風が当たると、目の潤いを奪います。部屋の加湿と風向の調整を心がけましょう。また、意識的にまばたきをすることも大切です。パソコンなどのモニターや、スマホの細かい文字を見ていると、つい集中して凝視してしまいますよね。それらを長時間使用する際には、こまめに休憩を取り、目を休めることが重要なのです。

ドライアイは失明等の大きな病気になることはないですが、先ほども述べたとおり、結膜炎や角膜炎にはなりうる病気です。また、少しでも目に違和感があるとそこに気を取られるので、日常に不満を抱えたまま生活することになってしまいます。軽い病気だからと考えず早めに受診することで、不快感のない快適な生活を送れることを願っています。

 

スポンサーリンク