もぐらさんのコミックエッセイ「日本のルーツはニャンと 室町時代編」が4月24日に発売されます。

猫好きとしてはタイトルの「ニャンと」に興味があります。ここはチェックしてみましょう。

スポンサーリンク

「日本のルーツはニャンと 室町時代編」ってどんな内容?

こちらの内容紹介によりますと、

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

送料無料/〔予約〕日本のルーツはニャンと 室町時代編/もぐら
価格:1242円(税込、送料無料) (2017/4/2時点)

大好評「おか猫」シリーズ第2弾!今回は食事、住居、衣服など、その生活様式が今の時代に密接に結びついている室町時代へ。

ツアーガイドの猫が案内人となり、主人公が現在と室町時代を行き来する、ほっこり温まり、ほろりと泣けるコミックエッセイ。

となっています。もぐらさんの漫画は読みやすく、わかりやすいので期待ですね。

「おか猫」シリーズ第2弾というからには第1弾があるわけで、こちらも見てみたいと思います。

 

お江戸はニャンとこうだった おかしな猫がご案内

こちらは2015年3月にでています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

お江戸はニャンとこうだった [ もぐら ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2017/4/2時点)

試し読みはこちら

ツアーガイドの猫田さんとともに江戸時代にタイムスリップし、江戸の暮らしの意外な実態を経験するという内容となっています。面白くて少しためになる感じが、どこか昔読んだ学研の歴史漫画を彷彿とさせて懐かしいような気分になります。

 

もぐらさんのページ

もぐらさんは、以下のページにて四コマ漫画を公開されています。

御かぞくさま御いっこう

表題の「御かぞくさま御いっこう」はご自身の実生活をモチーフにしたほんわかとした脱力系の内容です。

登場人物は動物のキャラクターで構成される家族で、可愛くて癒されます。

興味ある方はご覧になってみてはいかがでしょう?

 

スポンサーリンク