長時間パソコンやスマートフォンなどを使用することの多い昨今、目が疲れて目薬が必要になることも増えてますよね。

私もコンタクトレンズを使用しているので、ゴロゴロ感対策で目薬は常備しています。

そんな時、目薬がしみると感じたらちょっと不安になってしまいますね。

目薬がしみるのはなぜか?大丈夫なのか?今回はそんな疑問について見ていきます。

スポンサーリンク

ドライアイで目薬がしみる

ドライアイは以下記事でご紹介しましたように、目の乾燥で引き起こされる症状です。

目は助けを求めていた!?ドライアイの原因とチェック方法

乾燥により目が刺激を受けやすくなり、目薬がしみると感じることがあります。

ドライアイは涙の不足により起こるので、涙に近い成分でかつ保湿効果のある目薬を選ぶと良いでしょう。また、ドライアイの場合は頻繁に目薬を使用することになるので防腐剤の入っていない目薬の方が目に負担がかからないので良いとされています。

こちらは、涙とほぼ同じ成分である人口涙液と呼ばれるもので、防腐剤を使用しておりません。

こちらはちょっと値段はお高いですが、保湿成分を含んでいる目薬になります。

 

角膜が傷ついているため目薬がしみる

ドライアイが悪化すると角膜が傷つき、角膜炎になる場合があります。

また目をこする、コンタクトレンズの長時間使用などでも角膜に傷がつくことがあります。

角膜に傷がつくと、目が刺激に敏感になり目薬がしみると感じることがあります。

ドライアイに良いとされる涙に近い成分の目薬は通常しみることはありませんが、角膜に傷がついている場合はしみると感じる可能性がありますので、その場合は早急に眼科を受診することをお勧めします。

 

目薬があっていないため、しみると感じる

目薬には清涼感を与えるためメントールなどの成分が含まれているものがあり、この清涼感が人によっては刺激が強すぎるように感じる場合があります。この場合もしみると感じることがあるので、気になる人は清涼感の効果のない目薬を選ぶとよいでしょう。目薬の清涼感の強さはパッケージに記されているので参考にしましょう。

 

目薬がしみるのはなぜか、解決しましたでしょうか?

解消しないようなら、早めに眼科に診てもらいましょう。

スポンサーリンク