辛みはラー油でつけるだけなので、唐辛子を扱う手間もなく簡単です。お好みで調整してもよいのですが、ラー油もカロリーがありますので、摂りすぎには注意が必要です。


スポンサーリンク

【アレルギーがある方への注意事項】(消費者庁で表示を義務・推奨されている食品)

卵、鶏肉、大豆、小麦、ごま

【材料(一人分)】

  • えのき 30g
  • もずく 30g
  • 絹豆腐 50g
  • 卵 M1/2個(25g)
  • 鶏がらだし 150㏄
  • 片栗粉 小さじ1/2(1.5g)
  • 塩 0.3g
  • 濃口醤油 小さじ1/3(2g)
  • 穀物酢 大さじ1(15g)
  • ラー油 少々(0.5g)

【調理手順】

  1. しめじとえのきは石づきを切り落とし、小房に分ける。えのきは半分に切る。豆腐は1.5㎝角に切る。卵は溶きほぐす。
  2. 鍋に鶏がらだしを入れて火にかけ、しめじ、えのき、豆腐を煮る。
  3. きのこがしんなりしたら、塩、醤油で味をつけ、片栗粉を水少々(分量外)で溶いて加え、とろみをつけて、卵を加えて混ぜる。
  4. 酢とラー油を加えて完成。

【カロリー】

92kcal

【調理時間】

15分

【管理栄養士からのコメント】

高血圧の方は塩分摂取量一日6g未満が目標ですが、これをクリアするためには、様々な工夫が必要になります。酸味や辛みを取り入れて、味に変化を出したり、出汁のうま味をきかせることも、減塩のテクニックです。サンラータンのような料理は、塩分を控えても美味しい料理なので、血圧が気になる方にも安心です。このレシピでは1食当たり、0.8gの塩分を含んでいます。一般的な味噌汁等より塩分控えめです。


スポンサーリンク