甘くておいしいシナモンロール。私はカフェで休憩の際、コーヒーのお供にしばしばいただくのですがこのシナモンロール、EUの規制で製造禁止になりそうになったこともあるそうです。シナモンには健康効果があるとされる成分の他に、摂りすぎると有害な成分も含まれているためそのような規制が設けられたとのことです。


スポンサーリンク

 

シナモンの健康効果

文部科学省のHPにある日本食品標準成分表2015年版(七訂)によりますと、シナモン100gあたりには以下のような健康成分が含まれています。

・カリウム 550mg

主な効果:高血圧予防

・カルシウム 1200 mg

主な効果:歯や骨を健康に保つ

・マグネシウム 87 mg

主な効果:血圧を正常に保つ

・鉄 7.1 mg

主な効果:血液中の赤血球を作る

・亜鉛 0.9 mg

主な効果:酵素を作る

・ビタミンB1 0.08 mg

主な効果:糖質からエネルギーを作る

・ビタミンB2 0.14 mg

主な効果:糖質、脂質、たんぱく質からエネルギーを作る

・ナイアシン 1.3 mg

主な効果:皮膚や粘膜の健康維持

すごい健康効果!に見えますが、レシピサイトなどを見てみるとシナモンパウダーって使ってもせいぜい小さじ1杯くらいですかね。シナモンパウダー小さじ1杯は2gほどなので、例えばカルシウムはシナモンパウダー2gにつき60mg含まれる計算になります。

成人女性のカルシウム摂取推奨量は1日650mgということで・・・うーん、シナモンパウダーでカルシウム摂ろうとかは考えない方がよいかもですね。

少量のシナモンで十分な健康効果を得られるというお話も聞いたことあるのですが、ちょっと私にはソースが見つかりませんでしたスイマセン・・・

 

シナモンの適量とは

シナモンにはクマリンという成分が含まれていて、このクマリン、肝臓に悪いそうです。

クマリンの耐容1日摂取量は0.1mg/kg/日、つまり1日に摂取しても健康に影響ない量は、体重50kgの人がクマリン5mgまでとされています。

この5mgという量は東京都健康安全研究センターの調査によりますと生八ツ橋29枚分に当たり、日本人の通常の食生活では菓子類等の摂取で1日5mgを超えることはほとんどないとのことです。まずは安心ですね。

 

シナモンロールは大丈夫?

冒頭でご紹介しましたが、シナモンに含まれるクマリンを問題視したEUの規制によりデンマークのシナモンロールが製造禁止になりそうになったことがあります。

この問題、最終的にはシナモンロール1キロ当たり50mgまでのクマリンはOKということで落ち着いたそうです。

シナモンロールが1個100gとするとクマリン5mgまでOKということになり、シナモン濃いめのシナモンロールは一日一個という計算ですかね。

1個ずつなら毎日食べても大丈夫!

とはいえシナモンロールがよほどに好きでも毎日は食べない人が多いでしょうから、基本的には気にするほどのことはない!という結論に落ち着きそうです。

めでたし、めでたし^^


スポンサーリンク