暑い季節に食べたいお茶漬けです。だしを用意しておけば、熱い火を使う必要もありません。


スポンサーリンク

 

【アレルギーがある方への注意事項】(消費者庁で表示を義務・推奨されている食品)

ごま、大豆、小麦

【材料(一人分)】

・ごはん 120g

・トマト 100g

・茗荷 20g

・小ねぎ 1g

・かつおだし 100g

・塩 0.7g

・濃口醤油 小さじ1/3(2g)

・ごま油 小さじ1/4(1g)

【調理手順】

1.トマトは1~1.5㎝角に切る。茗荷は縦半分に切ってから、半月切りにする。小ねぎは刻む。

2.かつおだし、塩、醤油を混ぜる。

3.丼にごはんを盛り、トマト、茗荷、小ねぎをのせて、2の汁を注ぎ、仕上げにごま油をかけて完成。

【カロリー】

236kcal

【調理時間】

10分(ごはんを炊く時間は除く)

【管理栄養士からのコメント】

減塩が高血圧改善、予防に役立つという方も多いです。茗荷やネギなど薬味を取り入れて、ごま油の風味とコクを加えたお茶漬けは、味に変化があって、塩分に頼らない美味しさがあります。かつおだしのうま味を効かせることも、美味しく減塩するコツです。市販のうまみ調味料(化学調味料)には塩分が含まれているので、使う場合にはきちんと計算して使うことが大切になります。かつおぶしを使って出汁をとると、より深い味わいや、香りも楽しめるので、ひと手間かけて、だしをきちんととってみるのもおススメです。


スポンサーリンク