腹筋を鍛えていて筋肉痛がなかなか治らないことってありますか?腹筋を鍛えるうえで、筋肉痛は避けて通れない道とはいえ、長引くのは心配ですね。
腹筋の筋肉痛が治らない場合に、どれくらい長引くものなのか、長引く場合は本当に筋肉痛なのか心配事は色々ありますね。


スポンサーリンク

腹筋の筋肉痛が治らない。筋肉痛はいつ頃治るもの?

筋肉痛は一般的には2~3日で治るとされています。
長くても一週間ほどで筋肉痛は収まります。

腹筋がんばったら翌日筋肉痛に!いた~い筋肉痛の効果的な治し方とは?


筋肉痛の治し方はこちらでご紹介していますが、根本的には安静にしていることですね。
それでも治らない場合は筋肉痛以外の原因が考えられます。

腹筋の筋肉痛。治らないなら筋肉痛ではないのかも

腹筋の筋肉痛がなかなか治らない場合ですが、以下でご紹介しています。

腹筋が筋肉痛になる原因は何でしょう?運動もしてないのに不思議…


腹筋の筋肉痛ではなく、胃痙攣・肉離れ・急性虫垂炎といった別の症状かもしれません。
特に筋肉痛と間違えやすいのが肉離れです。
筋肉痛と肉離れの見分け方ですが、痛み続く期間や痛みの始まるタイミング、痛み方で判断することができます。
筋肉痛の場合は2~3日で痛みが収まりますが、肉離れは1~2週間ほど痛み続けます。ただ、筋肉痛も1週間ほど続く可能性もあるので絶対ではありませんのであくまでも目安です。
筋肉痛はトレーニングしてから数時間~数日後に痛みが始まりますが、肉離れはトレーニングの直後に痛むことが多いです。
筋肉痛は鈍い痛みであることが多いですが、肉離れは強い痛みを伴います。
胃痙攣の場合は、激しい腹痛の他に嘔吐・吐き気・下痢・食欲不振などを伴う場合があります。
急性虫垂炎の場合は、嘔吐・発熱などを伴う場合があります。
いずれにしても、心配ですね。

腹筋の筋肉痛が治らないときの対処法

筋肉痛でない場合、ストレッチやマッサージをするのは逆効果になる可能性があるので控えましょう。
また、例えば急性虫垂炎の場合などは放置していると大変なことになるかもしれません。早めに医師の診療を受けましょう。


スポンサーリンク