2017年9月18日NHKのドラマ「眩(くらら)~北斎の娘~」で宮崎あおいさんが演じる葛飾北斎の娘「お栄」ですが、初耳という人も多いでしょう。このお栄、父である葛飾北斎に似て大変才能のある画家でした。今回は、葛飾北斎の娘・お栄についてご紹介し、NHKドラマでは印象深い宮崎あおいさんについても語らせていただきます。


スポンサーリンク

ドラマ「眩(くらら)~北斎の娘~」

江戸の天才絵師・葛飾北斎(長塚京三)を陰で支え、やがて「色」と「影」に執着し独自の画法にたどり着いた北斎の娘・お栄(宮崎あおい)。そのお栄の執念の半生を描く

北斎役は長塚恭三さんということで、大河ドラマ「篤姫」の親子役が再現ですね!

「お栄」は「葛飾応為」として知られる

葛飾北斎には、息子が2人、娘が3人いました。お栄は三女でした。
「応為(おうい)」は画号つまりペンネームですが、北斎がいつもお栄のことを「おーい」と呼んでいたため「おうい」という名になったといわれています。
なんというか…テキトーですね^^;

お栄の性格

お栄の性格ですが、父親の北斎に似ていたそうです。
男っぽくてさっぱりした性格で、破天荒というかちょっと変人だったようです。
芸術家にはよくあることですかね。
あと、家事を全然しない人だったようで、家は散らかり放題で90回以上も引っ越したそうです。いわゆるごみ屋敷のような状態だったのでしょうか?

お栄は結婚していた?

お栄は一度結婚しています。
相手は堤等明(南沢等明とも)という絵師でしたが、離縁されています。
一説によると、お栄が夫の絵が下手だと言って笑ったためとのことです。
その後お栄は出戻り、北斎の助手として絵を描き続けます。
そのため、北斎の作品の中にもお栄が作ったものがあるのではないかと言われています。

お栄の作品

お栄の作品は10点前後ほど現存しています。西洋画法の影響が強く、細密な描写にすぐれています。

月下砧打美人図

吉原格子先図

春夜美人図

三曲合奏図

関羽割臂図

お栄の作品は、こちらの本で紹介・解説されています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】 北斎娘・応為栄女集 / 久保田一洋 【本】
価格:2160円(税込、送料無料) (2017/9/18時点)

 

稀代の浮世絵師葛飾北斎娘にして女浮世絵師葛飾応為。

近年彼女が残した色彩感覚や濃淡陰影に特色がある浮世絵が注目を集めている。

その作風は妖艶にして繊細、怜悧にして大胆で見るものを魅了してやまない。

現在確認できる作品数は多くないが、本書では可能な限り作品を集める。

その上で遺された史資料を駆使・検証し、応為の画業・生涯を探る。

また、父北斎晩年には応為は父に寄り添い父子合作の可能性が指摘されている。

本書は初紹介作品・特別掲載作品も含め、各作品の来歴を抑えると共に、父子の作風の類似点・相違点に注目し、新たな研究視点を提示する。

お栄を題材にした他作品

百日紅(さるすべり)

杉浦日向子さん原作の漫画で、葛飾北斎と娘お栄を中心とし、恋愛、人情、ホラーといった様々な要素が描かれています。
 

早世が惜しまれる杉浦日向子さんの秀作。鬼才・葛飾北斎と葛飾応為として優れた画業を残した三女・お栄、そして弟子たちを縦軸に江戸の様々がくっきりと描き出されています。
なんてマニアなんだと笑われてしまうかも知れませんが、作品のネタもと探しなんて言うこともついしたくなるほど、江戸期の随筆や幕末明治の『百物語』の類に至るまで、杉浦さん、実によく調べられていると舌を巻きつつ読み進めました。上下ともあっという間に読み終わりました。

「百日紅 〜Miss HOKUSAI〜」としてアニメ映画化もされています。お栄の声は杏さんが担当しています。

 

浮世絵師・お栄は、父であり師匠でもある葛飾北斎とともに絵を描いて暮らしている。雑然とした家に集う善次郎や国直と騒いだり、犬と寝転んだり、離れて暮らす妹・お猶と出かけたりしながら絵師としての人生を謳歌している。今日も江戸は、両国橋や吉原、火事、妖怪騒ぎ、など喜怒哀楽に満ちあふれている。恋に不器用なお栄は、絵に色気がないと言われ落ちこむが、絵を描くことはあきらめない。そして、百日紅が咲く季節が再びやってくる、嵐の予感とともに……。

お栄を演じる宮崎あおいさん

宮崎あおいさん、9月16日のスタジオパークに出演していました。


宮崎あおいさんがどのように「お栄」を演じるのか楽しみです。


宮崎あおいさん、大英博物館やロンドンの画廊で北斎やお栄について調べていました。

宮崎あおいさんのNHKドラマ

宮崎あおいさんのNHKドラマといえば、朝ドラと大河ドラマですね!

朝ドラ「純情きらり」

私はこの作品で初めて宮崎あおいさんを知りました。
タイトル通り、純情という言葉がこれほどしっくりくる朝ドラ女優もなかなかいなかったのではないでしょうか。
宮崎あおいさんが演じる桜子は、ひたむきで愛らしくて、そして儚い。まさに朝ドラの王道ヒロインでした。


「純情きらり」はHuluで配信中です!2週間は無料で視聴できますよ(^^)/


大河ドラマ「篤姫」

大河ドラマということで、1人の人物の10代から晩年までを演じる大変な役回りでしたね。
晩年では落ち着いた人物になっていなくてはいけないことから逆算し、10代の頃はよほどにテンションを上げなくてはいけない、と考えて演じていました。
熱心な女優さんだなぁと思いました。


「篤姫」はu-nextで配信中です。こちらは31日間無料です!


過去のNHKドラマでは、印象的な演技をみせてくれた宮崎あおいさん、今回も楽しみです!

朝ドラ「あさが来た」

主演ではないのですが、「あさが来た」にも出演していましたね。
主人公「あさ」の姉である「はつ」を演じていました。準主役という感じでしたが、ここでも引き込まれる演技をしていました!

宮崎あおいさんのCM

ドラマとかNHKとか関係ない話ですが、宮崎あおいさんは印象的なCMに出演していましたね!

東京メトロのCM

東京メトロのCM、懐かしいです。結構フリーな感じで撮影していたようですね。
宮崎あおいさんのナチュラルな魅力が出ていると思います。

アースミュージック&エコロジーのCM

ちょっと長い動画なんですが、こちらも宮崎あおいさんの魅力を存分に楽しめます。

歴史秘話ヒストリア「おんなは赤で輝く 北斎の娘・お栄と名画のミステリー」

9月22日NHK午後8時00分~ 午後8時43分の歴史秘話ヒストリアでもお栄の特集がオンエアされます!

歴史秘話ヒストリア「おんなは赤で輝く 北斎の娘・お栄と名画のミステリー」

NHK、力を入れてますね!


スポンサーリンク

宮崎あおいさん、葛飾北斎の娘「お栄」を渾身の演技


「眩~北斎の娘~」の宮崎あおいちゃん、声が低めでかっこいい。
お栄も、天才浮世絵師だから、何かに不満を抱えているのかなぁ?もっと、良い絵を、追求しようという気持ちが、宮崎あおいさんのお栄から感じられる。
宮崎あおいがイメージとは違うという人はいるけど、彼女は演技で魅了する。篤姫をみればすぐわかる。幼女にも老婆にもなれた。
宮崎あおいさんの 半襟が見事 女が使わなさそうな色目の柄物 着物の着方もさすが 大河ドラマで着慣れてるせいか 本当によく似合う
宮崎あおいさんは脚本や監督からの話で役を掴んだら、目つき、表情、声のトーン、仕草まで役になる。役を生きる女優。

宮崎あおいドラマで見るの久しぶり。純情きらりは初めて全部見た朝ドラだったけど名作、あれで篤姫の役を決めたってのも納得できる。
なんとなくだけど、世の映画監督志望の98%くらいは既存の作品を観て「自分の方がもっと上手く宮崎あおい使えるな……」って思ってそうな雰囲気が宮崎あおいにはある。
お栄の色々な感情が、伝わってくる。静かにもがいているのだろうか?これじゃあいけない。 父、北斎を思う気持ち。複雑な気持ちが絡む。このドラマのキャラクターは、何かを求めているみたい。現代にも通じる物がだろうか?
ちょっと宮崎あおいの正気と狂気の境界ギリギリの演技が怖いくらいなんですが。
宮崎あおいは極薄化粧でもかわいいし気品があるなぁ。
天才、浮世絵師で、父親の北斎を見ていると、自分の先が見えるのかなぁ?閉塞感を感じる。でも、これじゃあ、嫌だぁ。という葛藤も見える。娘も天才であるがゆえに。


あぐらをかいて酒を飲んだり、粗野な振る舞いで武家の妻である義妹から嫌われるお栄の伝法な生き様が最高にロックだ。画狂老人という画号を用いた父・北斎と二人三脚で、絵に狂い、絵に酔いしれた天才を宮崎あおいが演じきった。浮世絵の再現度の高さも素晴らしい。
葛飾北斎の影に娘お栄在り。そのお話が面白かった…絵も大変綺麗でした。願わくばもう少し尺を長くして劇場で観たかったな…宮崎あおいの代表作の一本になったでしょう…お見事でした。

 


スポンサーリンク