プロ野球中日ドラゴンズの森野将彦内野手(39)が今季限りで現役を引退すると発表されました。森野選手といえば3ランホームランが多いことから「ミスター3ラン」の異名を持つ勝負強いバッターでしたね。森野選手のミスター3ランぶりを振り返ります。


スポンサーリンク

森野選手がミスター3ランと呼ばれたきっかけ

森野選手のホームランですが、2007年はレギュラーシーズンで18本中8本、ポストシーズンで2本中1本、2007年までの通算55本中19本が3点本塁打でした。
2007年4月3日巨人戦9回に打った決勝3ランです。

2007年6月9日西武戦5回に打った逆転3ランです。

2007年はこの時点で9本中5本が3ランホームランでした。実況も「ミスター3ラン!」と言ってます。
たったひと振りで3点入るわけですから、試合を決定づける印象的なホームランが多いですよね。
シーズン100試合以上出場しだしたのが2004年からなので、2007年の活躍はインパクトが大きかったです。

森野選手はユーティリティープレイヤー

森野選手は1997年にドラフト2位で中日ドラゴンズに入団し、ショートでデビューしました。以来、内野のすべてのポジションと外野も守ってきました。故障選手の穴を埋める形のコンバートや、FA選手加入に伴うコンバート、また、森野選手自身のコンディションのよるものなど様々な形でほぼすべての守備位置をこなしてきたといえます。
まさにユーティリティープレイヤーですね。


スポンサーリンク

ミスター3ランは健在?!

2015年に右手親指を骨折して以来、出場機会がなくなってしまった森野選手、2017年は2軍にいることが多かったです。

ですが、しっかり3ランホームラン打ってました!2軍戦ですが。
球場に居合わせたファンは、いいものを観れましたね♪

森野選手・ミスター3ランの引退を惜しむ声


本拠地最終戦となる24日の広島戦(ナゴヤ)が引退試合となり、同日記者会見を行われます。
森野選手、本当にお疲れさまでした!


スポンサーリンク