2017年9月30日オンエアの「世界一受けたい授業」で「肺炎がいやなら、のどを鍛えろ 寿命を伸ばす3つの『のど運動』」と銘打っている「のど運動」。効果はどのようなものなのでしょうか?医学博士の西山耕一郎先生が提唱する「のど運動」の効果についてまとめます。


スポンサーリンク

肺炎がいやなら、のどを鍛えろ 寿命を伸ばす3つの『のど運動』

西山耕一郎先生が提唱する「のど運動」とはどんなものでしょうか?

世界一受けたい授業「のど運動」のやり方は?

こちらの記事でやり方をご紹介していますが、のどを鍛えて「飲み込み力」をアップさせるものでした。
この「飲み込み力」をアップさせることが何故肺炎防止につながるのでしょうか?

肺炎と「飲み込み力」の関係

のど(喉頭(こうとう))は、喉頭蓋(こうとうがい)という“のどのフタ”を分岐点として食道と気管というふたつの道に分かれています。
食べ物や飲み物は食道へ、空気は気管へと入っていくわけですが、のどの機能が落ちてくると、本来食道に入るべき飲食物が誤って「別の入り口(気管)」へ入っていってしまいます。
気管方向へ侵入した食べ物や飲み物が、声帯よりも奥へ入ってしまうことを「誤嚥(ごえん)」と呼びます。

誤嚥物と一緒に侵入した細菌が気管や肺において繁殖し、炎症が発生し、その炎症が悪化すると誤嚥性肺炎が引き起こされます。

誤嚥により気管や肺への進入を許してしまったとしても、誤嚥性肺炎になるとは限りません。肺炎になるかどうかは、誤嚥物の量やその人の体の抵抗力よって決まってくるものです。
誤嚥したものが少量なら肺炎にならないこともありますし、年齢が若い人や免疫力が高い人の場合は、誤嚥をしても肺炎にならないことがほとんどです。

高齢だったり、体力が弱っていたり、病気やケガ、手術後などで免疫力が落ちていたりすると誤嚥による肺炎が引き起こされるリスクが高まります。
「飲み込み力」を高めることで、この誤嚥を防ぐことができると西山耕一郎先生は提唱しています。


スポンサーリンク

「のど運動」で飲み込み力は何故高まる?

こちらの動画にある「嚥下おでこ体操」「アゴ持ち上げ体操」の効果についてご説明いたします。

嚥下(えんげ)おでこ体操

おでこに「手根部(しゅこんぶ)」を当てて、おでこと手で押し合いをする体操です。
押し合う際に、のど仏に力が加わる運動の継続により、のど仏の筋肉が鍛えられていきます。

アゴ持ち上げ体操

あご先に両手の親指を当てて、押し合いをする運動です。
押し合う際に、のど仏周辺に力が入る運動により、のど仏を上下させる筋肉が鍛えられます。

のど仏周辺の筋肉を鍛えることが効果的ということですね。

「のど運動」の効果まとめ

「のど運動」は飲み込む力を高める運動です。
飲み込む力をつけることは、生きる力を高めることにつながる。(西山耕一郎先生談)
食べること。
「飲むこと」「呼吸をすること」「声を出すこと」「笑うこと」といった動作の要となる機能が「飲み込む力」であり、この力を高めることが「のど運動」効果です。
「のど運動」は手軽に実践できるので、毎日の習慣にすると効果的。

肺炎がいやなら、のどを鍛えなさい

西山耕一郎先生の著書「肺炎がいやなら、のどを鍛えなさい」をご紹介します。

 

肺炎は“老化現象”と、あきらめていませんか?あまり知られていませんが、じつは、「のどの筋肉」を鍛えるだけで、簡単に防げるのです。1万人を治療した名医が教える、寿命を10年のばす1日5分の「のど体操」。(内容情報より)

図書館では1年先まで借りられないほど人気のようです!

興味ある方はぜひご一読ください。

西山耕一郎先生ってどんな人?

西山耕一郎先生については以下記事にてまとめています。

世界一受けたい授業「のど運動」の西山耕一郎先生はどんな人?

 


スポンサーリンク