2017年9月30日オンエアの「世界一受けたい授業」で「小さな捜査官!「小型警察犬」の秘密」が紹介されます。「小型警察犬」といえば、トイプードルのアンズちゃんが話題になっていましたね。可愛くて頼りになる小型警察犬についてまとめます。


スポンサーリンク

トイプードルにパピヨン…かわいい小型警察犬は○○が得意

警察犬といえばシェパードに代表される大型犬というイメージが主流ですよね。
ところが近年、トイプードルや柴犬、ミニチュアシュナウザーなどの小型犬が警察犬として活躍することが増えてきています。
小さい体で大丈夫?と心配になりますが、なかなかどうして、小型警察犬には小さいならではの特技があるのです。

歩幅が小さい分、細やかな捜査ができる

犬は一歩一歩歩くたびに呼吸をし、息を吸う際に臭いをかいでいます。
大型犬に比べて歩幅が小さいということは、短い間隔で臭いをかぐこととなるため、大型犬がかぎ残してしまう間隔も小型犬はかぎ取ることができることとなり、より細やかな捜査が可能となります。

小型犬のため、目立ちにくい

子供やお年寄りを捜索している際、大型犬を引き連れていると子供やお年寄りにプレッシャーを与えてしまう可能性がありますが、小型犬であればプレッシャーを与えずに済みます。
また、人混みなどを捜査する際も目立ちにくくスムーズに行動することができます。

小型警察犬は嘱託警察犬

警察犬には2種類あり、各都道府県警察が飼育管理し訓練をしている犬と、一般の人が飼育管理し訓練をしている犬とがいます。
前者を直轄警察犬と言い、後者を嘱託警察犬と言います。
小型犬は嘱託警察犬で、各道府県警察が行う審査会で選考されます。

小型警察犬トイプードルのアンズちゃん
小型警察犬といえば、トイプードルのアンズちゃんが有名ですね!

飼育放棄され、殺処分になりそうなところを保護され、茨城県警初の嘱託警察犬となったアンズちゃん。保護される前は虐待もあったようで、そんな子が警察犬になって人の役に立つ姿に心打たれます。


スポンサーリンク

増えている小型警察犬

北海道伊達市では小型犬ばかり4匹が嘱託警察犬となりました。
柴犬1匹とパピヨン3匹!可愛い犬のおまわりさんですね。


こちらは熊本県警の小型警察犬、ベッキーとミキティーです。
小さい体を生かして捜索救助で活躍が期待されています。

街で小型犬の散歩を見かけたら、ひょっとして小型警察犬かもしれませんね!


スポンサーリンク