ものもらいになってしまうと、治るまで眼帯をするようなイメージがありませんか?
ものもらいに眼帯は必要なのか?しない方がいいのか?そんな疑問についてまとめます。


スポンサーリンク

眼帯とは

眼帯とは、眼病の時に異物から眼を守るために用いるもの。目にあてた清潔なガーゼや布を固定するため、ゴムを耳にかけます。
保護目的のほかに、「病気の感染を防ぐためのアイテム」といった印象をお持ちの方も、多いのではないでしょうか。
戦前、戦後の日本の衛生環境は、お世辞にもいいとはいえず、目や目元に傷や疾患があるまま無防備にすごしていると、細菌などに感染するおそれがありました。
そのため、感染を防ぐ目的で眼帯が使用されていました。

しかし、感染防止のためというのは、昔の話です。
それが昭和40年代以降、衛生環境が改善され、今や、日本の衛生環境は世界でもトップレベルとなっています。むしろ、衛生観念が強すぎると指摘されることもあるほど、清潔な国です。
そんな現代日本では、医師が感染防止を目的に眼帯をすすめることは、ほぼ皆無といってもよいでしょう。また、疾患を持つ方が「他人にうつさないために」使用されるケースもみられますが、人から人へと感染する目の病気の代表例・結膜炎は、口から感染したり、体のちょっとした傷から感染したりするため、目だけを防御したところで防げるものではありません。

ものもらいに眼帯をするのはなぜ

本来、眼帯は外部からの異物に対して目を守るために使用するものとされています。一見、外からの雑菌の侵入を防いだり、清潔を保ったりするために効果がありそうですが、実際は逆効果となってしまいがちで、推奨されていません。人間は汗をかいてしまい、そのときに脂も排出されたりします。いつも眼帯を清潔に保つように交換していても、眼帯をしていないときと比べ湿気が多くなり、雑菌も増えやすくなってしまいます。


スポンサーリンク

ものもらいに眼帯は必要なの?

ものもらいになった際、眼帯をしている方がいるようですが、眼帯は「あえてしなくても良い」どころか、さらに悪化させてしまう可能性があるため、眼帯をせずに治療することをおすすめします。

なぜなら、眼帯をすることで、目のまわりに細菌が繁殖しやすくなり、細菌が住みやすい環境を作ってしまうのです。また、ものもらいは他人に移ることはないため、第三者への配慮も必要ありません。

この結果、ものもらいが悪化してしまったり、増殖した雑菌により別の病気になってしまったりする可能性も考えられます。ものもらいは周囲の人に感染するといった病気ではないので、ものもらいが悪化しないように眼帯をする、というのは誤った対応と考えられています。感染防止のために眼帯をつけること自体が勘違いです。

「ものもらい」という別名から、人にうつってしまうのではと誤解しがちですが、”誰かからもらったものを目につけているようだ”と思った人が最初に「ものもらい」と名付けたようです。

ものもらいだからといって眼帯をするとよくないことが起きる

子どもの場合は、目を触らせないようにするため、眼帯をさせる保護者もいますが、これもおすすめできません。片目が見えなくなる眼帯は、ものの立体感を完全に遮断してしまいます。幼児~10歳くらいで視力の発達過程にあたる時期に眼帯をつけていると、それがいくら短期間でも弱視を引き起こす可能性があります。重度の外傷の治療などの不可欠な場合を除き、子どもには眼帯をさせないよう注意が必要です。

子供はなにかと手を汚しやすいものです。汚れた手で目をこすったりすることは、たしかに目に対してよいことではありません。しかし、ものもらい自体に眼帯が有効でない以外にも、子供に対して眼帯はよくないと考えられています。片目が塞がれる眼帯は、10歳ぐらいまでの成長期の子供には、視機能の発育の妨げになってしまう可能性があります。

その結果、弱視を引き起こしてしまったりするリスクもあるため、子供に眼帯をつけるのはできる限り避けた方がよいとされています。なにか別の外傷の治療中に医師の指示があって付ける場合を除き、手を清潔に保つように習慣づける方向で対処するようにしましょう。


スポンサーリンク

ものもらいについての関連記事

ものもらいの目薬フルメトロン点眼液とクラビット点眼液はどう違う?

2種類の「ものもらい」を見極め正しい治療をしよう!