2017年11月5日の所さんの目がテン!では「焼き鳥の科学」として、焼き鳥職人のこだわりを科学の力で徹底検証します。
お酒のお供としても最適な焼き鳥、秋の深まったこの時期ももちろんどの季節でもおいしいですよね。
焼き鳥のおいしい食べ方、気になりますので私なりにまとめます。


スポンサーリンク

焼き鳥を串から外して食べるのはアリ?ナシ?

焼き鳥の食べ方で意見の分かれるのが、串から外して食べるのはアリかナシかということですね。よくあるのが居酒屋などで焼き鳥を数人でわけて食べるときに、串から外して分けやすくするというものですが、分けてくれる人は良かれと思ってやってくれているので難しいとことですが、串から外すのは邪道!という意見もあるようです。
串から外して食べるのはアリかナシか、私なりにまとめてみます。

焼き鳥を串から外すメリット

焼き鳥を串から外すメリットはなんといっても、分けやすいということですね。
焼き鳥を串から外した状態の方が食べやすいという人もいます。
1本の焼き鳥をばらして分けることで仲間意識を共有できるという意見もあるようです。

まあここまではなるほどですが、以前、ほかの番組で法律評論家のかたが以下のように言っていました。

外さない派の人は「一口あげよう」といった気持ちがない人だと思います。逆に外す派の人は、「誰が頼もうがおいしいものはみんなと分け合って共有する」という考えかたを持った人と言えます。食べたかったらシェアするより同じものを頼めばいいという発想も正しいとは思いますが、その考え方は家族や仲間意識が少し薄いのではないかと思います。

うーん・・・どう思います?
私は、正直・・・押しつけがましいなぁ、この人、と思いました。
「外さない派の人の方が人間ができている」みたいな主張にしか聞こえないので、この人の主観でしかないから意味ないかな、正直参考にはならないと思いました。
逆に外す派の人の印象が悪くなりました、この人のせいで^^;
あくまで客観的なお話がいいですよね、焼き鳥の科学だし。

焼き鳥を串から外さないメリット

焼き鳥を串から外さないメリットは、おいしく食べられるということです。
そもそも串に刺さった状態で出てくるにはそれだけの理由があるわけですね。
焼き鳥を串にさす順番は、実は食感や塩加減を計算された順番になっており、一口目から最後までおいしく食べられるよう工夫されています。
焼き鳥屋さんによると、「たかが1本でも、その1本の中にドラマがある」のだそうです。

私は串から外さないほうがおいしい、というほうが客観的事実として説得力がある気がします。ですが実際には、串から外して食べる人も多いようですね。
どのみち押し付けるお話ではないのでその場に合わせるのが良いと思いますが、どちらか選べるのであれば串から外さずにおいしくいただけるといいなあと思います。

串から外す・外さないの検証

オンエアでは以下のような検証がされていました。

実験

焼き鳥を串から外した状態と串から外さない状態で10人が食べ比べ

結果

10人全員が串から外さない方がおいしいと回答

串から外さない方がおいしいのはなぜ?

お肉の大きさが、手前が大きく奥に行くにしたがって小さくなっている。一口目の満足感が大きくなるように計算されている。

塩加減が、手前が多く、奥に行くにしたがって少なくなっている。一口目の満足感が大きくなるように計算されている。

お肉の筋が串と垂直になるようにしてあり、かんだ時に柔らかく感じる。

串から外してしまうと肉汁が流れ出してしまうが、串に刺したままの方が肉汁の流出を抑えられるためジューシーに感じる。

串から外さない方が、なかなか冷めないためおいしく食べられる。


スポンサーリンク

焼き鳥を食べると自然と会話が盛り上がる!?

「焼き鳥を食べると自然と会話が盛り上がる」あまり聞かない説ですね。
居酒屋などで盛り上がりながら食べるイメージは確かにあります。
焼き鳥は古来よりお祭りの名物として親しまれてきたようで、戦後には焼き鳥屋さんが爆発的に増えたという経緯もあります。焼き鳥は活気のある場所の象徴ともいえましょうか。

残念ながら、科学的なお話は思いつきません^^;
所さんの目がテン!でどのように科学してくれるのか楽しみです!

焼き鳥で会話が盛り上がるかの検証

オンエアでは以下のような検証がされていました。

実験

同じ人たちの組み合わせで、焼き鳥を食べる場合と刺身の盛り合わせを食べる場合での会話の量を比較。

結果

焼き鳥を食べながらの会話が、刺身の盛り合わせを食べながらよりも会話の量が多かった。

焼き鳥で会話が盛り上がるのはなぜ?

串を持って食べられるため、視線が下に向かうことが少なくなり会話に集中できる。
そのため、食事によって会話が滞ることが少なくなるため会話が盛り上がる。

買ってきた焼き鳥がお店の焼きたての様に大変身?

買ってきた焼き鳥をおいしくいただく方法、これ一番気になります!
探してみたら、こちらの焼き鳥屋さんのおすすめする方法が見つかりました。

オーブントースターで温める方法です。ポイントが3つあります。

① 先に1~2分加熱しておく。
季節によって気温が変わるので、気温に左右されないよう温度を一定にするため加熱しておきます。

② 焼き鳥に日本酒を数滴たらしておく
日本酒をたらすことによりうまみが増し、柔らかく仕上がります。
加熱することでアルコールが飛ぶため、未成年でも問題ありません。

③ 焼き鳥の串にアルミホイルを巻いておく
トースターで串が焼けてしまわないように、アルミホイルを巻いておいて防ぎます。

こちらが実際にオーブントースターで温める際の動画です。

改めてポイントも説明されていますのでわかりやすいです。

所さんの目がテン!でもオーブントースターを使うのでしょうかね?
それともあまり知られていないような意外な方法が紹介されるのでしょうか?
楽しみですね!

オンエアで紹介されていた方法

オンエアでは、電子レンジで温める方法と、フライパンで温める方法が紹介されていました。

電子レンジで温める方法

焼き鳥をクッキングシートで挟んでから、電子レンジで温める。(焼き鳥1本で30秒くらい。)

クッキングシートで挟むことで、焼き鳥の水分を適度に閉じ込めて蒸し焼き状態にできるためおいしく仕上がる。

フライパンで温める方法

焼き鳥に日本酒をかけてからフライパンで加熱し、沸騰してきたらフタをして蒸し焼きにする。お酒が飛んだら両面に軽く焼き目をつける。

日本酒により、スーパーのお惣菜焼き鳥も高級店の味に!

やはり日本酒は有効なようです。実際に焼き鳥屋さんでも焼き鳥に日本酒は鉄板だそうですよ!


スポンサーリンク