最近もっともポピュラーなダイエット法ともなっている「炭水化物抜きダイエット」ですが、しっかり続けられていますか?

炭水化物を抜いたダイエットをして、成功したとしても一時的なもので、すぐにリバウンドしてしまってませんか?

 

このダイエット法は、欧米で開発されたダイエット法なので、向こうの人たちには非常に有効かもしれません。

ですので、お米を主食とする日本人には向いているとは言えないダイエット法なんですね。

なにしろ欧米では、肉とかだけで食事を済ませてしまえますので。

しかし日本人と炭水化物には、深い縁がありますので、切っても切れません。

そこで、逆に今回は「炭水化物をとるダイエット」を紹介します!

スポンサーリンク

 

炭水化物ダイエット

 

単純に炭水化物を食べるといっても、普通に温かいご飯を食べて・・・これではいつもと同じです。

 

今回の炭水化物ダイエットは「冷たい炭水化物」をとることによってダイエットにつながるのです。

これはどういうことかというと、「レジスタントスターチ」という成分のおかげなんです。

この「レジスタントスターチ」というものは、簡単にいうと食物繊維のような働きをしてくれます。

という事は、エネルギーとして体内に吸収されないという事なんです。

 

炭水化物を冷やすことによって、「レジスタントスターチ」が増えます。

その結果、炭水化物の熱量(エネルギー)は1gあたり4kcalですが、冷やすことにより1gあたり2kcalとなり半分にもなってしまうんですね~!

 

しかも、先程お伝えしたように、「レジスタントスターチ」は食物繊維のようなものといいました。

 

なので、その効果も食物繊維と同様に、腸の調子も整えてくれます。

 

カロリーも半分にまでしてくれて、なおかつ腸の調子も整えてくれる。

こんなにもダイエットに適しているものもなかなかありませんね!

 

冷たくても美味しい炭水化物は沢山ありますし、コンビニでも沢山売ってるので、手軽に買えてしまえますので挑戦しやすいですね。

 

冷やし中華や、冷製パスタ、寒い冬には厳しいかもしれませんが、温かい部屋であればまたおいしく食べられます。

炭水化物を冷やしてあればいいわけですから、コンビニの冷たいおにぎりでもいいわけです。

ただ、栄養も気にしないといけませんので、ご自身で自炊する方が望ましいでしょう。

 

いい機会なので、これを機に「炭水化物を食べるダイエット」始めてみてはいかかがですか?

 

スポンサーリンク