シャンプーは洗顔と一緒で毎日行いますよね?あなたが使われているシャンプーの洗浄成分、考えた事はありますか?

実は、ドラッグストアなどで販売されているシャンプーの中には、硫酸系界面活性剤と言って台所用洗剤と同じ成分が含まれていることがあるのです。

台所用洗剤で髪の毛を洗うとどうなるでしょうか。ギシギシしたり、ごわついたりして全く良い事はありませんよね。このような硫酸系のシャンプーにはコート剤が入っているので、洗髪してもギシギシしたり、ごわついたりはしないようになっているのです。

スポンサーリンク

硫酸系シャンプー

硫酸系の成分は髪の毛のタンパク質を変成させてしまい、キューティクルを壊したり、成分が強力なので肌、髪に必要な栄養分まで洗い流したりしてしまいます。また、頭皮の毛穴は顔の毛穴の4倍の大きさとも言われています。その毛穴から硫酸系の成分が入り込み、体の中にたまっていってしまいます。女性だと、子宮筋腫や子宮内膜症などの婦人系疾患にもつながってしまう事があるようです。

 

髪に良いシャンプー

それでは、何系のシャンプーを使用すれば良いのでしょうか。

シャンプーのパッケージの裏面を見て、「ラリウムNa」や「ラリウスNa」と書いてあるものは硫酸系の洗浄成分を使用しています。

 

そこでおすすめなのは、アミノ酸系のシャンプーです。「パーム脂肪酸グルタミン酸Na」「ココイルアラニンNa」などと書いてあるものはアミノ酸系の洗浄成分を使用しています。

 

アミノ酸系シャンプー

アミノ酸系シャンプーは肌、髪に優しく、おだやかに汚れを落としてくれます。また、アミノ酸は人間の体に必要なタンパク質を構成しているので、ダメージを受けた髪の毛を修復してくれる効果もあります。

 

ヘアケア

汗をかいたり、蒸れたりすると、髪の毛のダメージはどうしても増えてきてしまいます。

強い紫外線や、冷房による乾燥、プールに含まれている塩素。どれも、髪の毛にとって大きなダメージを与えてしまいます。そんな季節がくる前に、毎日のシャンプーを見直すことで、少しでもダメージを減らし修復できると、髪の毛に違いが出てくるはずです。

 

さあ、あなたのお使いのシャンプーは何系なのか確認してみてはいかがでしょうか?

 

スポンサーリンク