「助けてほしい。」

「うつ病を克服したい!」

「カウンセリングだけでも受けたいな…」

 

こういった精神的症状を抱えている人、または治療を受けたいと考えている人の多くは病院に通うかと思います。

ですが病院で「精神科」または「心療内科」の文字がありますよね?

同じように見えますが、実は中身が少し違っています。

ではどのような違いがあるのか?皆さんも一緒に見ていきましょう!

 

精神科の特徴

精神科の専門は精神疾患です。

例えばうつ病のような心の病・不眠症・幻聴や幻覚と言った精神的疾患を治療する事が目的です。患者に対してもうつ病かどうかを判断する、または今後どのように改善していくかのカウンセリング等も行っていただけます。

 

そのためうつ病等の心の病を治したい!そう考えている人は精神科の方が良いでしょう。

 

心療内科の特徴

心療内科の専門は精神疾患によって生じた病気の治療です。

例えば、ストレスによって胃潰瘍になった・会社のストレスで胃炎になった、等のように体に生じた病気を治療してくれるのです。

精神科はあくまでも心の病を治療する場ですので、心の病によって生じた病気の治療は専門外になります。

 

「精神科・心療内科…紛らわしいな…」

そのように感じましたら、うつ病等の精神疾患は精神科、ストレス等で生じた病気は心療内科のように覚えておきましょう。

スポンサーリンク

 

うつ病を発症したら向かうのはもちろん・・・

 

うつ病を発症したら精神科へ行く事をオススメします。

先ほども紹介したように心療内科では、心の病で生じた体の病気を治療する事に重点を置いています。そのため、うつ病を治療するためのカウンセリングや薬物治療は受けられない可能性もあります。それに間違った選択して待ち時間を無駄にしてしまいます!

 

しかし「うつ病を発症しその後、体に異変があった」と言う場合でしたら精神科に相談した後に心療内科に行く方が良いでしょう。そうすれば、紹介状を書いていただけますので心療内科の先生も紹介状を見て1から根掘り葉掘り聞く手間が省けます。

 

 

最後になりますが精神科・心療内科、どちらも非常に紛らわしいですが行っている事は異なっています。

 

そのため、まずは自身の症状を良く確認して身体的に何か症状が出ていないのであれば精神科へ行くようにしましょう。もし身体に症状が出ていましたら先ほど紹介した紹介状、または心療内科に行くようにしましょう。

 

スポンサーリンク