E型肝炎ウイルスって…?

E型肝炎ウイルスは、A型肝炎ウイルスと同じように糞口感染します。

血液の感染であるB型肝炎ウイルスやC型肝炎ウイルスとは違い、急性感染するだけで慢性感染はしないのです。

ですのでE型肝炎ウイルスに感染しても、慢性肝炎・肝硬変または肝細胞がんになることはありません、安心してください。

不思議なことなのですが、子供がE型肝炎ウイルスに感染したとしても、症状はなくたとえ症状が少しあっても、とても軽くすみます。

しかし、大人になってからこのE型肝炎ウイルスに感染すると、A型肝炎ウイルスに感染するよりも肝炎の症状がでる確率が10倍になります。

また、症状もひどく、劇症肝炎で亡くなる可能性が高くなります。

特に妊婦が妊娠後期の4か月くらいにE型肝炎ウイルスに感染すると、だいたい20%の人が劇症肝炎となります。

高齢者の特に男性が感染したとしても、劇症肝炎になりやすいとされています。

海外では…

下水の浄水設備が不十分である発展途上国では、E型肝炎ウイルスを含む糞便が飲料水に入っていくと、アウトブレイクといって「感染爆発」が起こり、一回で10万人の人たちが感染し、もちろんその中の人では症状が酷くなる人も出てきます。

E型肝炎ウイルス感染の実態としては、感染頻度の高いインドで特に良く調査されています。

E型肝炎ウイルスは、急性感染だけで、ウイルスが血液の中にいる時は、長くて1か月から2か月くらいなものです。

E型肝炎ウイルスに対する抗体(HEV抗体)を測定すると、過去に感染した人がどのくらいいるのかがわかってきます。

インドでは10歳までに90%の人が感染して、生涯の免疫が続くA型肝炎ウイルスと違い、

E型肝炎ウイルス感染は10歳までは少ないのです。

20歳でようやく約30%の人が、HEV抗体の陽性となり、そのあとは増加しません。

また、残りの70%の人たちは抗体がないので、E型肝炎ウイルスに感染する可能性が高く、その人たちでは感染爆発が起こりやすいと言ってもいいでしょう。

100%の人たちに、感染の既往があって、国民全体が免疫を獲得しているA型肝炎ウイルス感染は、爆発的な広がり用はありません。

HEV抗体からみても、インドではE型肝炎ウイルスがA型肝炎ウイルスと同じように、環境の中に広く適応しているのではないかと考えられます。

それにもかかわらず、E型肝炎ウイルスに感染した人の割合が、30歳以上で増加しないのは本当に不思議と言っても過言ではありません。

とにかく、日本やアメリカなどの先進国には、このE型肝炎はないといいますが、実は時折流行を引き起こしたりしています。

日本においても、E型肝炎による感染者も含めて死者がでています。

 

対策

このようにE型肝炎は油断できないものとなっております。

現在では治療方法は、急性期の対症療法しかありません。劇症化した場合には、さらに血漿交換、人工肝補助療法、肝移植などの特殊治療が必要となります。

ですので、感染し、発症する前に対策しておきましょう。

予防方法は、シンプルに手洗いや、飲食物の加熱です。非加熱の貝類や、自分自身で皮をむかない非調理の果物・野菜も注意する必要があるでしょう。

ちなみにワクチンはまだ開発段階です。

 

いかがでしたか?以上の事を踏まえ、日々の生活に注意しましょう!

 

スポンサーリンク