子供が生まれると、いろいろな予防接種をしていきます。

風疹麻疹もその一つになります。

 

今回のテーマには麻疹が関係してきます。

 

亜急性硬化性全脳炎とは

子供の頃、麻疹にかかった経験はありますか?

ほとんどの人は、大体2歳以下くらいの小児期に予防接種などで麻疹に感染させられ、抗体をつけます。そして自然に回復するようになります。

ただ、その麻疹ウイルス感染後に、抗体をつくらず、自然回復しなかったら人は、平均7年の潜伏期間を経て、亜急性硬化性全脳炎という脳炎に発症します。

スポンサーリンク

原因は?

原因としては、脳内で変異した麻疹ウイルスが原因とされています。

この変異した麻疹ウイルスが亜急性硬化性全脳炎ウイルスと呼ばれています。

ただこれは麻疹ウイルスとは別のもので、区別されています。

今わかっていることは、このウイルスを構成しているタンパク質に遺伝子変異がみられており、ウイルス粒子の形成や放出するのに欠陥があるということです。

 

症状は?

まず、初期の症状は行動の変化と学力の低下、性格の変化、意欲の低下で、だいたい平均して2か月か4か月で、けいれんのような不随意運動が見られるようになります。

それからさらに6か月から1年くらいで昏睡状態になります。

このように月単位で変化をしていきます。

それを考えると、変化が速いとも言えます。

しかし中には慢性に変化することもあります。

 

検査方法と治療方法

まずは、血清または髄液で麻疹抗体価の上昇を証明していきます。

それから髄液の中の蛋白が増えます。

痙攣のような不随意運動を「ミオクローヌス」といいますが、これが現れるところには脳波で周期性同期生放電が見られます。

そして周期的なふり幅が大きな穏やかな脳波である「周期性高振幅徐波」が特徴となります。

これから進行すると、ミオクローヌスの減少と一緒に脳波はふり幅が低く、徐波となります。

CTやMRIにかけても、特徴的な変化はありません。

しかし皮質下や脳室の周りの白質に経度の病変がみられたり、これが進行するとだんだんと脳が委縮していきます。

診断としては、進行性の経過で前に書いた症状が見られ、検査等で髄液蛋白上昇・脳波で周期性同期生放電を確認していきます。

治療方法としては、残念なことに確実な治療法はありません。

ただ、ワクチン接種をして麻疹にかからないようにするしか方法はありません。

近年では様々な治療法が試みられており、抗ウイルス薬やインターフェロンなどの投与で5年以上の生存が確認されています。

または、C型肝炎の治療薬であるリバリロンの有効性が検討されています。

もし、この病気ではないかと思われた場合は、小児科か神経内科などの神経専門医に相談してください。

 

スポンサーリンク