自己免疫性肝炎という肝臓の病気をご存じですか?

それとも、聞いたことがあるという人はいるでしょうか?

ほとんどの方は、聞いたこともないと思います。

この肝臓の病気は非常に珍しい病気で、自分で気を付けるという程度の問題ではありません。

それでは、これから詳しくお話をしていきましょう。

スポンサーリンク

自己免疫性肝炎とは?

自己免疫肝炎とは、その人の体の免疫反応が深くかかわってくる病気です。

ですから、自分の力でどうかするとかはできません。

つまり、その人自身の免疫反応が深く関係して発症する慢性的な肝炎をいいます。

これはその人の自己の免疫細胞が、その人の肝細胞を攻撃して障害をだしていることが

考えられます。

実は、詳しい肝細胞障害の仕組みは、わかっていません。

 

多くのこの患者さんの血液の中に、自分の細胞を異物と判断する「自己抗体」という抗体が検出されています。

その比率ですが、男女比として、1:7で圧倒的に女性が多く、大体40歳代から50歳代で発症することが多い病気です。

2005年に自己免疫肝炎の患者さんを見てみると、約9500名とされています。

これはかなり多い数字ですね。

しかし、日本では少数派になりますが、10代や高齢で発症する場合もあります。

この自己免疫性肝炎は、たくさんの副腎皮質ステロイド薬が有効なのですが、具体的な治療を行わなかった場合は、肝硬変に進行する場合があります。

とにかく肝障害の進行を抑制するためにも、早期の診断や早期の治療が必要不可欠です。

原因

原因の詳細は不明です。

一説では、その人自身のリンパ球が、肝細胞と免疫反応を起こしてしまうことが原因ではないかと言う考え方があります。

このような免疫の異常が起こる誘因は、薬の使用とウイルスの感染が関係しているのではないかと考えられています。

ただし、一般にこの自己免疫性肝炎は、遺伝はしないと考えられています。

 

症状

また、症状としてはどのような症状で表れるのでしょうか?

症状としては、自己免疫性肝炎に特徴的な症状はありません。

しかし、病院を初めて行く場合には、約60%が倦怠感を感じており、また35%が黄疸症状が出ています。

その他の症状としては、食欲不振・関節の痛み・発熱が挙げられます。

特に中年の女性で、これらの症状に肝障害を伴っている場合は、この自己免疫性肝炎を疑った方が良いでしょう。

その他には、関節リウマチや慢性甲状腺炎のほかに、自己免疫疾患の合併も沢山みられます。

ただし、肝臓がんの合併はウイルス感染に比べて少ないといえます。

 

スポンサーリンク