ジムに行って泳いだり、ロードランナーで走ったり、ダンベルを上げては下ろしたり、汗水たらして筋トレをする方々の姿もよく見かけるようになりました。

ところで、なぜ体を鍛える必要があるのでしょうか。筋トレが体に良いとわかっていても続かない方もいらっしゃるのも確かです。そこで今回は、筋トレをすることで得られるメリットをご説明します。

 

 

基礎代謝を上げるため

 

基礎代謝とは何もしなくても消費するエネルギーのことです。

厳密にいうと、人間は呼吸をしたり、姿勢を維持したりするのに筋肉を使用しています。当然、この時にはエネルギーを消費するわけで、この筋肉が消費するエネルギーのことを基礎代謝と呼びます。このことにより、筋トレをするメリットは、筋肉を増やして基礎代謝を底上げし、エネルギーを消費しやすい体に変化させられることだと結論付けられます。

 

スポンサーリンク

成長ホルモンを分泌するため

 

筋トレをするメリットで見過ごすことができないのが成長ホルモンの分泌です。何もしていない場合と比べると100~300倍の成長ホルモンが放出されます。成長ホルモンとは体内の主要器官に働きかけ、その組織の成長を促す働きがあります。

しかし、成長期が終わると成長ホルモンの分泌量は減少します。年齢でいうと20歳半ばぐらいからです。その結果、肌が衰えてきたり、髪質が変化したりすることに始まり、それにとどまらず、記憶力の低下や、疲れやすくなったり、やる気がでなくなったりと、内面的な部分にまで影響が出始めます。したがって、年齢を重ねるごとに無理なく筋トレを日常的に行い、成長ホルモンを分泌させることが大切です。

 

 

異性に意識してもらうため

 

筋トレをすることで余計な贅肉をそぎ落とすことができます。そのため、体系が引き締まって見え、シルエットの見栄えが良くなります。たるんだお腹や、首回りの贅肉が落ちるだけで印象が大きく変わり、異性からも魅力的な人だと感じてもらいやすくなります。それに加えて、特に男性は、筋トレでテストステロンという男性ホルモンが増加するので、体つきの雰囲気に色気が出てきます。

 

 

以上、筋トレをすることで得られるメリットを様々な角度からご紹介致しました。筋トレにはメリットが複数あります。ですが、目的に応じて適切で、より効果的なトレーニングがあるのも確かです。どのようなトレーニングが、どのような効果が出るのかまで掘り下げて理解すると、筋トレへのモチベーションにもつながるだけでなく、無理なダイエットを防ぐことができるので、覚えておくと良いでしょう。

 

スポンサーリンク